YumYum☆おやこじかん

子供のための簡単&時短おやつレシピ☆アメリカの人気お菓子のレシピ☆英語育児について★

野菜嫌いの子どもが必ず野菜を食べてくれる☆育児で忙しくてもできる簡単な調理アイディア。


こんにちは。

訪問ありがとうございます!

このページでは、野菜嫌いの幼児に野菜を食べてもらう調理のアイディア

について紹介しています♪

 目次

 

絶対に野菜を食べない息子

長男(3歳)は野菜が大の苦手です。

離乳食期~1歳半くらいまでは野菜でも何でもパクパク食べてくれていました。

1歳半頃から、徐々に野菜を嫌がるようになり、現在全く食べてくれなくなってしまいました。

野菜の味だけでなく、食感も嫌なようで、細かく刻んでハンバーグやカレーに入れても絶対に食べてくれません。

そのせいで、食物繊維不足で便秘がひどくなってしまいました。

便秘を克服するため、息子に野菜を食べさせる方法を日々試行錯誤しています。

 

野菜が嫌いでも必ず食べてくれる方法

それは、野菜をペースト状にして色々な料理に混ぜ込むという方法です。

野菜の原型がほぼないので、知らず知らずのうちに食べているという感じです。

少し手間はかかってしまいますが、ペースト状にすることで、息子はほぼ毎日野菜を嫌がらず食べることができています。便秘も改善しました。

 

野菜ペーストの作り方

初期の離乳食の作り方とほぼ同じです。

野菜を小さく切り、それを茹でたり、レンチンしたりして柔らかくします。

それを、適量の水と一緒にミキサーでなめらかなペースト状になるまで撹拌します。

 

この野菜ペーストを色々な料理やおやつに混ぜるのですが、凍らせて保存すると、必要な時に必要な分だけ使うことができるので便利です。

ジップロックの袋に入れて、平らにして凍らせれば、使いたい時に使いたい分を割ることができます。

製氷機で凍らせれば、冷凍野菜キューブが出来上がります。

必要な時にスープなどに混ぜることができるので便利です。

 

f:id:sony-n-0816:20181206054245j:plain

レンチンしたほうれん草と玉ねぎをペースト状 にして凍らせたものです。

 

f:id:sony-n-0816:20181206054228j:plain

レンチンした人参とえのきをペースト状にして製氷機で凍らせたものです。

 

野菜ペーストを使った料理やおやつのアイディア

1.味噌汁、スープ、カレー等の汁物に混ぜる。

まず、大人も食べられるように普通に刻んだ野菜を入れて汁物を作ります。

子ども用に野菜を除いた汁物を取り分け、そこに野菜のペーストを入れて混ぜるだけで完成です。

少し味は薄まりますが、幼児には少し薄いくらいがちょうどよいと思います。

カレーやシチューにはいい感じのとろみが出ます。

ラーメンやうどんの汁にも入れたりします。

汁物は飲んでくれる息子は、この方法で知らず知らずのうちに毎日野菜をとることができています。

 

2.スムージーに混ぜる。

我が家では、朝食にスムージーを飲むことが多いです。

便秘気味の息子に最適なヨーグルト、オリゴ糖、野菜、水分を一気にとることができます。

お好みの冷凍フルーツに、事前に作っておいた冷凍野菜キューブを混ぜれば、忙しい朝でも簡単にできます。我が家では青汁も常備しており、青汁も加えることがあります。フルーツと一緒だと、野菜の臭みが消え、息子はごくごく飲んでくれます。

 

f:id:sony-n-0816:20181206054259j:plain

ほうれん草、バナナ、ヨーグルト、オリゴ糖入りスムージー

メロンジュースだよと教えて与えています(笑)

ほうれん草などは繊維質なので、なかなかミキサーでもなめらかになりません。

繊維があると息子は嫌がって飲まないので、息子のためにかなり性能のいいミキサーを購入しました。。

繊維をミキサーでなめらかにできない場合は、青汁など既に粉末になっているものをスムージーに入れるほうが簡単だし飲みやすいと思います。

 

3.パンやホットケーキに混ぜる。

ホームベーカリ―でパンを焼くときに野菜ペーストを入れると、もちもちして美味しいです。我が家では、青汁や人参ペースト、かぼちゃペースト等を入れてパンを焼くことが多いです。

 

f:id:sony-n-0816:20181206054327j:plain

人参入りパンです。

 

同様に、ホットケーキを焼くときにも、青汁の粉末や野菜ペーストも混ぜてしまいます。

息子には、「メロン味のホットケーキだよー!」と言って青汁入りのものを食べさせていますが、信じ切って美味しそうに食べてくれますw

 

f:id:sony-n-0816:20181206054251j:plain

青汁入りホットケーキ。

 

4.おやつに混ぜる。

クッキー、ケーキ、プリンに混ぜるなどして食べさせています。

手作りおやつは、砂糖の量も調整できますし、野菜を混ぜられますし、子どもは喜んで食べてくれるのでおすすめです。

クッキーにはフリーズドライの野菜の粉末や青汁の粉末を混ぜています。

ケーキは、野菜ペーストを入れて焼くとしっとり焼き上がりとても美味しいです♪

f:id:sony-n-0816:20181206054305j:plain

人参入りボーロ。

f:id:sony-n-0816:20181206054320j:plain

かぼちゃプリン。かぼちゃは嫌いな息子も食べてくれました。

 

野菜を揚げると食べてくれることも。

薄切りにしたかぼちゃ、さつまいも、じゃがいも等を揚げて野菜チップスにしたらパクパク食べてくれます。さつまいもの芋けんぴも揚げて作ってみたら食べてくれました。

パリパリ食感は好きみたいです。

 

f:id:sony-n-0816:20181206054314j:plain

さつまいもチップス。薄くスライスにして水につけ、揚げるだけです。 

 

最後に

息子が便秘になったことをきっかけに、毎日野菜を食べさせる努力をしてきましたが、子どもが苦手な物を食べさせるって本当に大変ですよね。

できるだけ手抜きをして、毎日続けられるようにしようと試行錯誤した結果、冷凍野菜ペーストの活用が我が家では一番楽な方法でした。

ネット等で購入できるフリーズドライの野菜などを活用すれば、もっと簡単になると思います。

 

息子がいつか野菜を美味しいと食べてくれる日が来ることを信じて、今はこの方法を続けて頑張っていけたらと思っています。